こんにちは!愛知県名古屋市に拠点を置き、塗床工事や外壁補修工事を手がける株式会社ブレジンです!
「塗床が劣化しているけど、放置しても問題ないのでは?」
このような疑問はよくあります。
そこで今回は、「塗床の劣化を放置するリスク」をテーマに設定し、わかりやすくご説明いたします。
ぜひ最後までご覧ください!

塗床の劣化によって機能が低下する?


塗床工事をすることで、適切に床が整備されます。
しかし、施設の環境次第で、早めに劣化するケースもあります。
劣化要因としては、水分や気温など、ほかにも多く挙げられます。
劣化が進むと、その塗床が持つ機能の低下につながります。

思わぬ事故が発生する可能性も

施設の環境に適した塗床を実現しても、劣化による機能低下が起きれば深刻な事態につながります。
たとえば、耐久性が高いはずの塗床に凹凸が発生し、その凹凸の影響で転倒事故が起きるケースも考えられるのです。
そのため、劣化を放置すべきではないということですね。

定期的な塗り替えが重要!

塗床の劣化が懸念される場合、必要な対策としては塗り替えが挙げられます。
確かな技術で塗り替えを行うことで、再び機能性の高い塗床を実現できるのです。
施設内において適切な環境を維持するには、定期的な塗り替えが必要不可欠と言えます。

塗床工事や外壁補修のことなら株式会社ブレジンへ!


愛知県名古屋市に拠点を置く弊社では、塗床工事や外壁補修工事を得意としており、豊富な実績がございます。
幅広いエリアでの施工が可能であり、東海三県の会社様、エンドユーザー様のご依頼を承っております。
塗床工事につきましては、床面の問題を適切に改善・解決する工事であり、さまざまな工場で施工を手がけてまいりました。
床塗装のエキスパートとして高品質な施工を行いますので、ぜひご依頼ください。
また、外壁補修工事も得意としており、多くの建物を対象とした施工経験がございます。
外壁のはく落防止など、状況に応じて適切な対応をいたしますので、一度ご相談くださいませ。
お問い合わせにつきましては、お電話あるいは問い合わせフォームよりお待ちしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


愛知県各地の工場の床塗装や塗床工事は名古屋市の株式会社ブレジン
ただいま塗床スタッフの求人中です!
〒454-0996愛知県名古屋市中川区伏屋2丁目120-2
電話:052-665-6115 FAX:052-665-6119